我が家の猫たち・・・
2012年06月19日 (火) | 編集 |
6月15日ライちゃんは虹の橋へと旅立って行きました

それは本当に突然の事でした・・・

朝からライちゃんの呼吸が早いな・・と思い

朝一番で獣医さんへ 待合室で待っている間に呼吸がさらに激しくなり

受付の人に告げるとすぐ中に入れてくれました

入るな否や先生はライちゃんの姿を見るなり

肺に水がたまっているので抜きましょうと

しかし呼吸の早い状態では処置はすぐにできないとの事

もしかしたらこの状態から逝ってしまう子も多いと聞かされ

ライちゃんの状態がかなり悪い事を知った



待合室で待っていると再び呼ばれ中に入りました

肺にたまっていた物は水では無くかなりな量の血液でした

そして状態は更に悪化・・・

9時半に病院へ着いてから2時間後くらいに旅立ちました

原因を調べますかと聞かれたけど

このまま連れて帰ります・・・


外で待っている間に先生はレントゲンをとってくれました

肺への血液は心臓から流れたまったものでした

心臓に疾患があったようです

肺に水や膿がたまっている場合は抜くと持ち直すねこちゃんもいるらしいけど

心臓からの出血はどうする事もできなかった

真っ白いタオルにくるまれたライちゃんを抱っこして

獣医さんの駐車場で声をあげて泣いてしまった・・





これがライちゃんの天命だと思いながらも

マロンと同じく早すぎる旅立ちになってしまいました

今年で6歳でした・・・


ライちゃんは17日午後マロンと同じ霊園から天へと昇って行きました

でもあまりにも急な事で まだ信じられない 信じたくない

ライちゃんともっと遊びたかった 

もっと抱っこしたかった 

もっとなでなでしてあげたかった

ライちゃん・・・


2012-0615.jpg
お心遣いは気になさらぬ様お願いいたします






2012年06月03日 (日) | 編集 |
ラビィの寝顔はかなり相当ぶさいく

ちょっと前のぶさかわいいはこちら←クリック

こんなに鼻の大きい子は見た事ない(^m^)

かわいく撮りたいと思うけどたぶんどこから撮ってもぶさいく

20120602-3.jpg





顔の割りに鼻がデカイ!

20120602.jpg






鼻の穴も大きい?

20120602-1.jpg








やんちゃな弟としっかり者の姉の様な関係のラビィとくるみ

20120602-4.jpg


20120602-5.jpg





しょっちゅうくるみの場所を奪いにくるラビィ

このくらい叱られても仕方ない

で、このくらいでは全くめげないラビィ